ANATOMY English

講師紹介


■アナトミートレインズ著者/コース・ワークショップ指導者

トーマス・マイヤース Thomas Myers


トーマス・マイヤースは、アイダ・ロルフ博士、モーシェ・フェルデンクライス、そしてバックミンスター・フラーから直接指導を受け、またジュディス・アストン、エミリー・コンラッドといったムーブメント指導者達から、そして武道の世界からも学びを得る。
彼のアプローチは、欧州オステオパシースクールで学んだ、頭蓋仙骨、内臓、及び内在的動きの研究からも影響を受けている。


過去35年間以上に渡り、10年間に渡るロンドンでの施術をはじめとして、ハンブルグ、ローマ、ナイロビ、シドニーそして、アメリカ国内での数々のロケーションといった、バラエティーに富んだ臨床設定、文化環境において、統合的なマニュアルセラピーを実践し続けている。国際ストラクチュアルインテグレーション協会(IASI)メンバー。


アナトミートレインズ(エルスヴィアー2001)の著者であり、またその学習補助のためのビデオの作者でもある彼は、専門雑誌やジャーナルに60以上の解剖学、軟部組織のマニュピュレーション、身体の疎隔という社会的な問題や、運動感覚の知性に対する信頼の欠落等に関するテーマの記事の執筆を行う。


タッチ・イン・ペアレンティング認定インストラクターであるトムは、動きに関連する周産期の問題にも強く感心を寄せている。
メイン州の沿岸地方に在住し、国際的に資格認定、継続教育を提供する団体Kinesisを指導、運営。



■その他のコース指導陣

マーク・フィンチ Mark Finch


マーク・フィンチは、セラピューティックマッサージ、ニューロマスキュラー(神経筋)セラピー、ストラクチュアルインテグレーション(KMI)そして内臓マニュピュレーションのトレーニングを受け、1996年よりボディワーカーとして活躍。カナダ、バンクーバーでのストラクチュアルインテグレーションの施術を維持しつつ、北米、オーストラリア等におけるアナトミートレインズや、その他の短期コース等の指導にも関わる。身体構造の変化と機能的な動きの統合に関心を寄せている。

シモーヌ・リンドナー Simone Lindner


シモーヌ・リンドナーは、KMIのアドバンスプラクティショナーであると同時に、マッサージセラピストとしての資格を有する。若年の頃よりボディワークに情熱を持ち、解剖学とムーブメント(ランニング、ダンス、ダイビング、ヨガ)、そして海との関わり、母親としての存在、それら全てに強く引き寄せられ続ける。20代前半に、出身地であるドイツを離れ、数カ国の文化環境の異なる国々に住み、彼女自身のボディワーカーとしての能力に磨きをかけ、2001年、マイアミにて、"EducatingHands "の認定を取得。トーマス・マイヤースのスクールKMIの認定を取得。